お知らせ

2017年01月24日

ヘクソカズラ

お知らせ , 雑草知識

ヘクソカズラ

 

漢字で書けば、屁糞蔓。
植物の名前にひどい名前は他にもありますが、アカネ科多年草ヘクソカズラほど、ひどい名前はないのではないでしょうか。何しろ、屁と糞であるから最悪です。このヘクソカズラは虫の食害を受けて茎や葉が傷つくと細胞内に蓄積したペデロシドという成分が分解してメルカプタンというガスになります。この悪臭を放つガスで敵を遠ざけているのです。自己防衛機能が悪臭だというのです。動物でいうスカンクのようなイメージでしょうか。

 

そして、気になるヘクソカズラの花言葉は“人嫌い”・・・。

ヘクソカズラ自身が人嫌いだという意味にとれますが、この名前は人間が付けたもの。本当に可哀そうなくらいの言われようです。しかし、熟した実の汁は、天然エキス100%の(皮膚の)保護剤になるそうです。すべてが悪いわけでなく人間の皮膚には優しい側面もあるようです。

 

ヘクソカズラは名前のとおり蔓(かずら)。太陽光発電施設では大変厄介なツル性植物です。ヘクソカズラはアサガオやツルインゲンなどと同様にツルを他の物に巻きつかせ拡がっていきます。施設のフェンスやパネルの支柱など、巻きつくことができるところはどこへでも。はびこってしまったら悪臭に耐えながら除去することになるため、大きくなる前に除去することが重要です。

 

 

参考文献:
・身近な雑草のゆかいな生き方:稲垣栄洋
・ヘクソカズラのにおいを堪能するには http://www.geocities.jp/kinomemocho/sanpo_hekusokazura.html

2017年01月15日

福井県鯖江市太陽光発電施設

お知らせ , 実績紹介 , 西日本

施工年月 :2016年10月
施工場所 :福井県鯖江市杉本町
施工資材 :ウィードシールド、U型アンカーピン、粘着テープ、アタッチ
施工面積 :335㎡
採用経緯 :石田上町の太陽光発電施設の施主様と同じお客様で石田上町の防草シート設置現場の仕上がりに満足していただき、継続して採用に至った。

 

太陽光発電施設の雑草対策施工事例

◆施工前

 

太陽光発電施設の雑草対策施工事例

◆施工後

2017年01月05日

アカザ

お知らせ , 雑草知識

アカザは、人の背丈ほどにもなり、多数の枝を出して茂る大型の一年草で、茎は太く硬く、切り取って乾かすと木のようになります。インドまたは中国原産といわれ、中国では仙人が杖にしたと言う言い伝えがあります。いわゆる「あかざの杖」というのがこれです。杖といえば、普通には樹木の幹や枝を用いますが、仙人の持つ杖がなぜ草であるアカザなのか・・・おそらく、アカザの茎は乾かすと木質化して硬くなり、太さも手頃で杖にもちょうどよい、というところからだと思われます。

 
葉は葉縁に浅い刻みのある菱形で、生長点に近いところの葉は赤紫色に色づきます。アカザの名前も、ここからつけられたようです。赤ではなく白く色づくものがあり、これをアカザに対しシロザといいます。分類学上は、このシロザの方が基本種となっていて、アカザはシロザの変種とされています。
茂ると厄介な雑草ですが、ホウレンソウ(アカザ科)の仲間ということからわかるように、昔から食用にされ、野菜として栽培されていたようです。このアカザは今では雑草ですが、戦時中や飢饉の時には食糧として重宝されたと言われています。

 

 

太陽光発電施設の場合、生えている状態で放置すると、そのまま立った状態で木質化する恐れがあります。必ず敷地から除去することをおすすめします。

 
参考文献:
木のメモ帳 あかざの杖は現在でも存在するか
http://www.geocities.jp/kinomemocho/kiasobi_akaza.html

2016年12月22日

キリ(桐)

お知らせ , 雑草知識

キリ

 

巨大な雑草 … と言いたいところですが、写真は キリ(桐)の幼木です。キリはゴマノハグサ科キリ属の落葉高木。他の樹木よりも生長が早く、 20 年ほどで高さ 8 ~ 15m、直径 40 ~ 60cm ほどの成木になります。樹皮は灰白色で皮目が多く、その材はとても軽くてやわらか。先のとがった広卵形の 20 ~ 30cm にもなる大きな葉が特徴的で、初夏には薄紫色の花を咲かせます。

 
原産は中国といわれていますが、日本でも宮崎県から大分県にかけての山地に自生しています。キリは日本国内で採れる木材としては最も軽く、湿気を通さず、割れや狂いも少ない特性があり、加工しやすいことで有名です。北海道南部から鹿児島に至る広い地域で古くから植栽され、良質の木材として重宝がられてきました。また、伝統的に神聖な木とみなされ、家紋や紋章の意匠にも取り入れられてきました。かつて日本では女の子が生まれるとこの木を植え、結婚する際には、そのキリで箪笥を作り嫁入り道具にするという風習もありました。

 

発生したキリを放置すると・・・
キリの種子には翼(よく)が付いており、風にのったり鳥が運んだり遠くまで広がっていきます。発芽率が高く生長が早いため、気がつかないうちに巨大化していることがあります。太陽光発電施設の場合、パネル下で育っている幼木に気付かず放置してしまうと、パネルを破損してしまう恐れがあるため、定期的な巡回で除去することが重要です。キリの巨大な葉はパネルに影をつくり、発電に影響するだけでなく、根を下ろすことが難しい環境の場合その巨木が突然倒伏する恐れもあるため、見つけ次第、取り除くことが重要です。

 

2016年12月04日

福井県鯖江市石田上町太陽光発電施設

お知らせ , 実績紹介 , 西日本

施工年月 :2016年9月
施工場所 :福井県鯖江市石田上町
施工資材 :ウィードシールド、U型アンカーピン、粘着テープ、アタッチ
施工面積 :742㎡
採用経緯 :ホームページを見てお問い合わせいただいた。 施工も弊社に依頼でき、同じ鯖江市に会社があるということで採用に至った。

 

太陽光発電施設の雑草対策施工事例

◆施工後

2016年11月23日

石川県能美市太陽光発電施設

お知らせ , 実績紹介 , 西日本

施工年月 :2016年3月
施工場所 :石川県能美市
施工資材 :ウィードストッパー、U型アンカーピン、粘着テープ、アタッチ、防草ラバーコート
施工面積 :780㎡
採用経緯 :できるだけ草を生やさずにきっちり防草できるように、材料・施工ともに高品質でお願いしたいと施主様から施工業者様に要望があり、施工業者様が判断していただいた結果、材料・施工ともに弊社が採用された。

 

石川県能美市_施工前

◆施工前

 

石川県能美市_施工後

◆施工後

 

 

2016年11月04日

スギナ

お知らせ , 雑草知識

スギナ_画像1

 

” 人の暮らすところにスギナあり” ともいわれるほど、世界各地に分布しており、繁殖力と生命力が強いため、防除しにくい厄介な雑草の一つです。4 月頃から11 月頃までいろいろなところで見ることができるスギナは、シダ植物に属するトクサ科の多年草。地下茎を地下深くまで張り巡らせることから、「地獄草」という呼び名があるほど、昔から農民泣かせの「取りにくいもの」でした。

 
スギナは、他の雑草類に例を見ない地下器官が発達した植物です。“からだ” のほとんどを地下において生活しており、私たちが目にしている“すぎな” はスギナのまさに氷山の一角なのです。つまり、地下部を知らなければ、スギナを理解したことにはならないともいえます。スギナはシダ植物に属するため、種子はつくらず胞子と地下茎(根茎・塊茎)で増える植物です。なかでも、増殖力が強大なのは地下茎(根茎・塊茎)です。特に根茎の増殖力は旺盛でわずか10cm 足らずの根茎から7 ヶ月後に10 メートル以上もの根茎が作られたとの観察記録があるほど。スギナは地中に根を張り巡らせ、どんどん増えながら、あちらこちらで芽を出し、地表へと姿を現していきます。

 

スギナ_画像2

 

農地や草はらが広がる道路の目地部分から一列にスギナが生えているところを目にすることがあると思います。これは道路の路盤層のさらに下に地下茎を伸ばし、目地部分に集中して芽を出したからです。柔らかそうに見える地上部だが、地面から芽を出す力は強く、薄手のシートは簡単に突き抜けてしまいます。

 

ザバーンを突き破るスギナ

 

土中の根茎が切断されると繁殖が拡大・・・
スギナの地下茎は他の地下茎を持つ植物の中でも、特に地中深く侵入し2mの深さまで潜った例もあります。さらに厄介なのは、耕起すると増えるという性質も持っているところです。耕す際に、土中の根茎が切断されるとスギナは再生するため、切断されたスギナの根茎がちりばめられてしまうと、分布が拡大する可能性があります。除草剤によるスギナの防除は6 月頃に散布すると効果が高いとされていますが、地下深くまで地下茎が張り巡らされているため、地下部でつながっている根全てを枯死させることは不可能に近いのが現状です。繰り返し防除を続けることで弱らせることができますが、一旦定着してしまえば、非常に防除困難であり、早期発見、即防除が重要です。

 

 

2016年11月01日

島根県松江市太陽光発電施設

お知らせ , 実績紹介 , 西日本

施工年月 :2015年8月
施工場所 :島根県松江市
施工資材 :ウィードシールド、ジオシールド150、U型アンカーピン、粘着テープ、ピンシール
採用経緯 :つる性雑草がパネルを飲み込むように生長し雑草管理が大変だった。雑草対策として防草シートを検討。ウィードシールドとアースシートES150を採用した。

 

太陽光発電施設の雑草対策施工事例

◆施工前

 

太陽光発電施設の雑草対策施工事例

◆施工後

 

2016年10月27日

防草シート補助資材U字溝簡易クリップ

お知らせ , コラム , 取扱い製品紹介

U字溝簡易クリップ(背景無)

 

防草対策と捲れ対策が同時にできる防草シートとU字溝の境い目に最適な固定ピンもあります。防草シート際の固定方法といえば、接着剤やコンクリートピンでの固定が一般的です。当社も、それまではU字溝の天板に接着する方法を採用していました。

 

U字溝簡易クリップ_使用事例

 

農業関係のお客様からさらなる防草対策と捲れ対策を要望され、U字溝を挟み込んで固定する“U字溝簡易クリップ”が誕生しました。さらに、単に挟み込むだけでなく、防草シートを専用接着剤“ウレタッチ”でアスファルトに接着させてから、U字溝簡易クリップを使用すると防草効果がアップします。

 

太陽光発電施設内において、排水対策としてU字溝を設置している現場や、施設まわりに排水路としてのU字溝がある現場は、是非ご検討ください。

2016年10月14日

鳥取県西伯郡太陽光発電施設

お知らせ , 実績紹介 , 西日本

施工年月 :2015年3月
施工場所 :鳥取県西伯郡
施工資材 :彩植兼美Ver.2、ジオシールド150、U型アンカーピン、粘着テープ、ピンシール
採用経緯 :雑草対策として防草シートを検討。パネル周りに彩植兼美Ver.2、パネル下にジオシールド150を採用した。

 

201503鳥取県西伯郡_施工後01

201503鳥取県西伯郡_施工後02

◆施工後

1 / 712345...最後 »

「豊富な商品」「確かな品質」「多くの実績」で
あなたの太陽光発電施設内の雑草問題を解決します。

製品のお求め、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】TEL:0778-62-2800、受付時間/平日9:00~17:00(土日祝・休み)

資料請求・お問い合わせはこちら