お知らせ

2016年08月27日

防草シートのピン穴対策は大丈夫?

お知らせ , コラム , 取扱い製品紹介

防草シートを敷いても、必ず雑草が出てくる箇所があります。それは、固定ピンの小さな穴、シート切込み部分、シートの重ね部分です。今回は、ピン穴からの雑草対策として粘着テープ(ピンシール)についてご紹介します。

 

ピン穴雑草ピンシール貼付

 

ピン穴からの雑草って、とっても厄介ですよね。初めは小さい雑草でも、まわりに遮るものが何も無ければ一気に大きくなり除草が困難になります。特に太陽光発電施設は設備の下から生えてきた雑草を除去するのは大変です。

 

そこで、ピン穴雑草・切込み部からの雑草を防ぐために開発したのが粘着テープです。開発当初の粘着テープは、冬場に粘着材が硬くなり接着不良を起こしたり、チガヤなどの強壮雑草が粘着テープを突き抜けるなどの問題が発生しました。

 

粘着テープ_太陽光カタログ素材

 

失敗事例を元に、改良を重ね、現在の商品が出来ました。そのため、当店の粘着テープやピンシールは、強壮雑草の防草効果、冬場でも剥がれない強力な粘着力を備えております。他社の防草シート用テープとは違う、自信を持ってお届けできる商品です。

 

※ピン部用のカット加工・スリット加工ご希望の場合は、加工代別途いただきます。

2016年08月05日

福井県吉田郡永平寺町太陽光発電施設

お知らせ , 実績紹介 , 西日本

施工年月 :2014年8月
施工場所 :福井県吉田郡永平寺町
施工資材 :彩植兼美、U型アンカーピン、粘着テープ、アタッチ
施工面積 :750㎡
採用経緯 :施主様のご自宅近くに彩植兼美が敷いてあり、それを見た施主様が太陽光にも同じシートを使ってほしいと施工業者様に依頼され採用に至った。

 

福井県吉田郡永平寺町_施工後

◆施工後

 

 

2016年08月02日

アレチウリ

お知らせ , 雑草知識

こんなところにカボチャが?と一瞬見間違うほど似ている葉を持つアレチウリ。

北米原産のウリ科のツル性植物で、ツルの長さは5~8mにもなります。8~9月頃にクリーム色に薄いスジが入った花を付けますが果実はかわいくありません。トゲだらけの果実が塊となって結実する恐ろしい植物です。

 

1952年に静岡県で発見されてから、30年で関東圏が一大繁殖地となりました。現在は北海道まで到達。名前のとおり、荒地や河川で多く見られるが、巻きひげで他のものに絡みつき、よじ登り、縦横無尽にツルを伸ばします。一株にできるタネの数は5,000~78,000にもおよび、発芽率も70%を超えるとされています。その恐ろしい繁殖能力から、在来植生を破壊するため、法律で特定外来生物に指定されています。

 

雑草学会でも、大きく取り上げられるほど問題となっているのが、耕作地への侵入です。農業生産分野において、甚大な被害をもたらしています。

 

生長は4月から10月ぐらいまで長期にわたり、除草剤による防除が行われた後に出芽したものも問題となります。生育スピードが速く、9月以降に出芽したものは植物体が小さくても開花・結実します。1㎡あたりのアレチウリの本数が少なくても、1株のサイズが大きいため甚大な減収をもたらします。飼料用トウモロコシ畑では1㎡あたり1.5~2本程度で80%の減収、2.8~5本で90-98%の減収となるそうです。大豆畑では壊滅的な被害をもたらし収穫不能となるケースもあります。大変手間のかかる作業ですが、耕作地への侵入初期に手取り除草で徹底防除することが重要とのことです。

 

河川敷に隣接する太陽光発電施設は要注意
大きな川の河川敷にまん延している場合が多くそこから侵入してくるので特に注意が必要です。

 

※特定外来生物に指定されているため、生きたまま植物体を他の場所に運ぶことは規制されています。特に、手取り除草を行う際は植物体を生きたまま移動させることがないよう注意してください。近隣に耕作地がある場合は、被害を拡げる恐れがあるため特に注意しましょう。

 
参考文献:
・誰かに話したくなる雑草のふしぎ 森昭彦 著 P134
・独立行政法人農研機構 中央農業総合研究センター https://www.naro.affrc.go.jp/

「豊富な商品」「確かな品質」「多くの実績」で
あなたの太陽光発電施設内の雑草問題を解決します。

製品のお求め、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】TEL:0778-62-2800、受付時間/平日9:00~17:00(土日祝・休み)

資料請求・お問い合わせはこちら