お知らせ

2016年05月21日

カラスノエンドウ

お知らせ , 雑草知識

学術的には「ヤハズエンドウ」と呼ばれていますが、カラスノエンドウという名は教科書に使われていたこともあって、現在でも正式名称のように使われています。ここでは、聞き慣れた名前であるカラスノエンドウで説明します。

 

カラスノエンドウ

 

本州から四国・九州・沖縄の路傍や堤防などのいたるところにごく普通に生育している植物です。秋に発芽し、春になると高さ60~150cmに達します。茎には巻きひげがあり、近くのものに絡みつくこともあります。花期は3~6月で、エンドウに似た小型の紅紫色の花を付けます。はびこると始末に負えなくなることもありますが、その赤紫色の小さな花は意外と可愛らしいです。果実は熟すると黒くなって晴天の日に裂け、種子を激しく弾き飛ばします。

 

花期の3~6月は、ほかの雑草では考えられないほど、飛び抜けて多くの小動物が観察されます。その理由は、茎から葉が生える基部に“花外蜜腺”という特別な器官をもつため、その蜜を求めて小動物が集まってきます。

 

カラスノエンドウのようにマメ科植物の根には、こぶのような根粒がついています。この中には根粒菌という細菌がいて、宿主のマメ科植物から栄養をもらって生きています。一方、根粒菌は、植物がつくれない物質をつくることができ、その物質をマメ科植物にも与えています。カラスノエンドウも小さいうちから多くのこぶがあり、その土壌が微生物の宝庫だということがわかります。

 

欧米では牧草として栽培され、有用植物として価値があるものとされていますが、カラスノエンドウの種子は大型(粒径約3mm)で、収穫物に混入すると選別が困難なことから、日本では麦畑の問題雑草と見られています。

 

太陽光発電施設では、カラスノエンドウによる直接的な問題発生は薄いと思いますが、小動物が集まってくる特徴から、虫害や獣害の引き金になってしまうこともあります。

 

カラスノエンドウの防除には除草剤が効果的です。非選択性除草剤のグリホサート剤、ジクワット・パラコート剤、グルホシネート剤で防除が可能です。また、これらの除草剤に対する除草剤耐性を持つ変異は見つかっていません。

 
参考文献
・シンジェンタジャパン http://www.syngenta.co.jp/cp/columns/view/?column_id=94
・実験監察館 http://www2.tokai.or.jp/seed/seed/mijika10.htm
・岡山理科大学 生物地球学部 生物地球学科 植物生態研究室 http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/leguminosae/

2016年05月09日

シロツメクサ

お知らせ , 雑草知識

シロツメクサ

 

シロツメクサはヨーロッパ原産の多年草。ホワイト・クローバーとも呼ばれています。日本語表記は「白詰草」から想像がつきますが、1846年にオランダからの献上の器物の間に詰め物として使用されていたのが最初の持込といわれています。その後、牧草,緑肥,緑化用として輸入されたものが定着・分布拡大したと考えられています。

 

今では、日本全国に野生化している帰化植物の一つです。帰化植物にはセイタカアワダチソウやセイヨウタンポポのように悪玉扱いされるものが多いですが、四つ葉が幸福のシンボルとされるためか、いくらはびこっても悪くいわれることがありません。

 

雑草防止、土壌浸食防止等に利用されることもあることから、国立環境研究所の侵入生物データベースに登録されているものの、法的規制はありません。ただし、家畜が多量に食べるとシアン化合物が有害であることから、牧草地では注意が必要なようです。

 

太陽光発電施設では、種子吹き付けによる雑草対策の材料としてシロツメクサ(クローバー)を利用しているところもありますが、植物は管理が必要だということを忘れてはいけません。アレロパシー効果によって他の雑草が生えにくくなるということはいわれていますが、何もしなくてもいいわけではありません。順調な生育のためには潅水管理や雑草管理など定期的な管理が不可欠です。また、雑草管理の際には配線の切断などに注意が必要です。

 

参考文献:
国立環境研究所 侵入生物データベース https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/80160.html

「豊富な商品」「確かな品質」「多くの実績」で
あなたの太陽光発電施設内の雑草問題を解決します。

製品のお求め、ご相談などお気軽にお問い合わせください。

【お問い合わせ先】TEL:0778-62-2800、受付時間/平日9:00~17:00(土日祝・休み)

資料請求・お問い合わせはこちら